2つの地震のマグニチュードを比較し、エネルギーが何倍違うか計算します。

M
M

最近の地震

※本ツールで比較するのはマグニチュード(M)です。震度ではありません。

時間 場所 震度 M

過去の主要な地震の情報

日時 地震名 / 震災名 震度 M
1960.05.22 チリ地震 -- Mw9.5
2004.12.26 スマトラ島沖地震 -- Mw9.1
2011.03.11 東北地方太平洋沖地震
東日本大震災
7 8.4
Mw9.0
2015.05.30 小笠原諸島西方沖地震 5強 8.1
2003.09.26 十勝沖地震 6弱 8.0
1944.12.07
1946.12.21
昭和東南海地震
昭和南海地震
6 (*)
5 (*)
7.9
8.0
1923.09.01 大正関東地震
関東大震災
7 (**) 7.9
1995.01.17 兵庫県南部地震
阪神淡路大震災
7 7.3
2016.04.16 熊本地震(本震) 7 7.3
2008.06.14 岩手・宮城内陸地震 6強 7.2
2004.10.23 新潟県中越地震 7 6.8
2007.07.16 新潟県中越沖地震 6強 6.8
2018.09.06 北海道胆振東部地震 7 6.7
2019.06.18 山形県沖地震 6強 6.7
2016.10.21 鳥取県中部地震 6弱 6.6
2018.06.18 大阪府北部地震 6弱 6.1

※特筆していない場合、マグニチュードは気象庁マグニチュード(Mj)です。モーメントマグニチュード(Mw)とは算出方法が異なります。

*:当時の震度階級(震度5と6に強弱がなく、震度6が上限)によるものです。関東大震災(**)は、上限である震度6の基準をはるかに超えているため震度7と推定されています。

掲載基準

  • 2000年以降の国内の地震
    • 震度6弱以上かつ死者数が10人以上の地震
    • もしくは、マグニチュード(Mj)8.0以上の地震
  • 2000年以降の国外の地震
    • マグニチュード(Mw)9.0以上の地震
  • 2000年以前の主要な国内外の地震
  • その他、震度や規模の大きかった地震を1年程度掲載することがあります。


このツールについて

2つの地震の規模(マグニチュード)を比較し、エネルギーが何倍違うか計算します。

「マグニチュード」は、√1000を底とした対数値です。単純計算ですと、マグニチュードが2増えるとエネルギーは1000倍になります。

使い方

  1. 2つの地震のマグニチュードをそれぞれ入力して、「規模の差を計算!」ボタンを押してください。
  2. 規模の差が計算されます。

諸注意

※あくまで地震のエネルギーの差を計算するもので、災害としての被害状況などは考慮しておりません。

※ちなみに……マグニチュード=震度ではありません。震度は揺れの大きさを表す日本独自の規格で、マグニチュードは地震の規模を表す国際規格です。


アップデート情報

    • 「チリ地震(バルディビア地震)」「昭和東南海地震」「昭和南海地震」「岩手・宮城内陸地震」を追加。
  • 2020.05.05 – ver1.0
    • ツール名を「マグニチュード比較計算機」に変更しました。
    • 過去7日間の地震情報を表示するようにしました。
    • 結果の倍率表示に「万」「億」などの単位を入れ、分かりやすいように修正しました。
    • 結果をコピーするボタンおよびツイートボタンを設置しました。
  • 2019.07.28
    • 2019.07.28 03:31頃に発生した三重県南東沖を震源とする地震(宮城南部で最大震度4を観測)を表示しています。
    • 2015年5月30日に発生し、観測史上初めて47都道府県すべてで震度1以上を観測した「小笠原諸島西方沖地震」を追加。
  • 2019.07.23
    • 2019年6月18日に発生した「山形県沖地震」を正式追加。
  • 2018.06.18
    • 参考リストに先ほど新潟県沖で発生した地震を暫定的に追加。(正式な地震名が付けられ次第更新します)
  • 2018.09.07
    • 参考リストに「大阪府北部地震」および「北海道胆振東部地震」を追加。
  • 2018.04.17 – ver0.0
    • とりあえず公開。アイコン制作中。